忍者ブログ

中谷なおこが教える大人の社内恋愛成功術が成功するわけとは

社内恋愛のエキスパートの中谷なおこさんによる大人の社内恋愛成功術!■たった3つのステップを踏むだけで、会社の女性に口説かず愛される方法の口コミによる評判、実際に体験した成果や感想です。

社内恋愛に発展?男が「職場で気になる女性」にとる行動

男性は、職場で気になる女性ができたら、その相手に対しては他の女性たちとは違った態度や行動を見せるはず。
ちゃんと気がつくことができれば、そこから社内恋愛に発展させられる可能性も一気に高くなることでしょう。
そこで今回は、男が「職場で気になる女性」に見せる行動を紹介します。
職場
社内恋愛に発展?男が「職場で気になる女性」にとる行動
一番先に「助けてくれる」
仕事でミスをしたり困っているときに、誰よりも先に助けてくれることが多い男性は、あなたに気がある可能性が大。
あなたのことをいつも見ているからこそ、すぐに困っていることにも気がつくのでしょう。
また、「他の男性ではなく、自分が助けてあげたい」という思いも強いでしょうから、一番最初に手を差し伸べようともするもの。
助けを求める前に助けてくれたりするのは、何の興味もない女性には取らない行動のはずですよ。
「プライベートの話」が多い
職場の同僚とは、やっぱり仕事の話や職場の話がどうしても多くなるものです。
でも、異性として意識している女性に対しては、仕事の話よりも「プライベートの話」をしたいと感じるはず。
自分のプライベートの話をするだけではなく、あなたのプライベートな部分にも興味を示してくる男性は、ただの同僚という域を越えたがっているのかも。
特に、休日に何をしているかとか、誰と遊んでいたかなど、他の男の影を探ろうとしてくる場合は、あなたに好意を抱いている証拠と言えるでしょう。
「仕事をエサにしたLINE」が多い
男性も気になる女性とは、「LINEで会話をしたい」と感じるもの。
でも、何を送ればいいのかよくわからないので、とりあえずは仕事をエサにして会話を始めようとしたりもしがち。
最初のほんの少しだけ仕事の話をしたり、わざわざLINEを送るまでもないような業務連絡をしてくるようなケースは、まさにその典型と言えます。
仕事の話なんてそっちのけで、そこから長々と会話をするようなことが多いのであれば、本来の目的は「あなたと話したい」ということだったのでしょう。
「頼みごと」を断らない
男性は気になる女性からは、いつでも「頼りになる」とか「カッコイイ」と思われていたいものです。
なので、お願いや頼みごとをされたりしたら、素直にうれしいですし、「何としても手を貸してあげたい」とも感じるはず。
「しょうがないなぁ」「めんどくせぇな」なんて言いながらも、いつも最終的にはお願いを聞いてくれるのなら、あなたに好意を持っている可能性も大。
頼みを聞いてもらったあとは、ちょっと大げさなくらいにお礼を述べるようにすると◎
自尊心や優越感もちゃんと満たしてあげることができますよ。
おわりに
今回挙げたような行動を取ってくる同僚男性は、あなたのことを意識している確率が高いです。
あなたもその気があるのであれば、ちゃんと好意を示してあげると、アプローチをしてきてくれるかもしれませんよ。
~~~
社内恋愛成功術~女性に口説かず愛される方法
~~
記事内の引用元(愛カツ)より
➡https://netallica.yahoo.co.jp/news/20181016-77320536-aikatu
~~


PR

「モラハラ」な彼氏・彼女は意外と多い?加害者と被害者の特徴

井上由美子さんの経済小説を原作としたドラマ『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系)が始まりました。
主人公はスーパー業界の大手老舗会社「マルオーホールディングス」の富山中央店店長・秋津渉(唐沢寿明さん)。
左遷され、家族で地方に移り住んでいたのですが、本社に呼び戻され、コンプライアンス室長を命じられます。
実は今回の人事には、社長や取締役のある思惑が潜んでいて…。
■ハラスメントは身近にある
ハラスメントとは「嫌がらせ」「いじめ」を意味する言葉です。
その種類は様々で、言動によって相手の尊厳を傷つけたり、不快にさせたり、脅威を与えたりすること、それらが「ハラスメント」になります。
企業ではセクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメント、モラル・ハラスメントなどが生まれやすく、最近ではアルコール・ハラスメントも問題になりました。
上記のうち、特にモラル・ハラスメントは恋愛においても問題視されています。
「モラル・ハラスメント」という言葉が生まれたのは1998年。フランスの精神科医Marie-France Hirigoyen(マリー=フランス・イルゴイエンヌ)が精神的加害として提唱しました。
このとき初めて、心無いハラスメントの存在が世界から注目されたのです。
■加害者の特徴
モラル・ハラスメントの加害者には以下のような特徴があげられます。
1)自分のキャリアや学歴を誇大して吹聴する
2)権力や地位への欲求が強い
3)選民思想が強く、自分は人の上に立つべきだと信じている
4)共感能力が低い
5)承認欲求が強く、認められないと強い不満や被害妄想を抱く
6)「そんなだからダメなんだよ」といった重圧的な言い方をする
7)束縛が激しく、相手の時間をコントロールしたがる
8)自分の言うとおりにならないと、激昂したりヒステリックになったりする反面、思い通りになっているうちは笑顔で穏やかに対応する
9)相手が自分から離れようとすると泣き落としたり、しがみついたりして懇願する。あるいは脅すなどしてなんとか関係を続けようとする
10)自分がつらいときはそれをアピールするのに、他人のつらさには無頓着(無関心)
実は、加害者の根底にあるのは「見捨てられ不安」です。孤独への耐性が低く、そのくせ自己愛が大変強いため、そのゆがんだ精神が自己中心的な行動へと駆り立てます。
その結果、相手より優位に立って不安やストレスを与え、支配によるコントロールが生まれるのです。
■被害者からの脱却
モラル・ハラスメントをする人は「外面がいい」傾向があり、被害者の多くは「頑張り屋」です。
だんだん弱い立場に追い込まれ「もっと自分がしっかりしなければ」「他の人はできているはず…なぜ自分はできないのか」と自責の念にとらわれてしまいがち。
悪いのは自分と思いこむため、己が被害者だと自覚できません。
よしんば第三者に状況を説明し、助けを求めても「え?あの人が?あなたの勘違いじゃないの?」とその外面のよさから信じてもらいにくいのです。そのため、より孤立を高めてしまうこともあります。
ハラスメント脱却に必要なのは、こちらです。
・自分を大切に思う気持ち
・「ダメなものはダメ」とはっきり主張する線引きの勇気
完璧な人間などいないのですから、できなくて当たり前。それで特に人に迷惑をかけていないなら、ひとつの「個性」といえるでしょう。
「個性」として受け入れて生きるのは、その人の自由。それを尊重できない時点で、相手にあるのは「(対象)愛」ではありません。ゆがんだ「支配欲」なのです。
■まとめ
モラル・ハラスメントにおける加害者と被害者の特徴、ご理解いただけましたでしょうか。
ハラスメントは、必ずしも男性が加害者で女性が被害者とは限りません。孤独を嫌うあまり、相手の時間を管理し、束縛しようとしていませんか?
ハラスメントはそんな過剰な「支配欲求」から始まるのです。ご自身の行動を、注意して見つめ直してみてくださいね。
ライタープロフィール
黒木 蜜
一般企業に勤めながら執筆した作品が日本文学館のオムニバス本に掲載され作家デビュー。古事記への造詣が深く、全国300ヶ所以上の神社紹介記事を執筆。現在、古事記の観点から紹介する神社コラム/恋愛コラムなども手がけている。
~~
記事内の引用元(cocoloni PROLO)より
➡https://netallica.yahoo.co.jp/news/20181020-96709633-prolo
~~




新しもの好きな女の子にウケそうな「秋のスポーツデート」

「スポーツの秋」とばかりに、テニスやゴルフ、ランニングなどベタな運動デートを提案していませんか?新しもの好きな女の子には、旬のスポーツでなければ響かないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「新しもの好きな女の子にウケそうな『秋のスポーツデート』」をご紹介します。
【1】四肢を駆使して岩を制覇する「ボルダリング」
「ジムでも岩でも、単純に流行ってるから一度やってみたい」(20代女性)というように、「ボルダリング」は新しもの好き女子にウケるようです。とはいえ、大の男が岩からはがれ落ちる姿は無様なので、自分に適性があるかどうかあらかじめ確認しておいたほうがよいかもしれません。
【2】ハリウッド映画でよく観る「スカッシュ」
「ハリウッドのセレブが遊んでるイメージがある」(20代女性)というように、「スカッシュ」は新しもの好き女子にウケるようです。いわば交互に壁打ちしていくテニスなので、自然な形でボディタッチも可能でしょう。
【3】ケガする心配がないから安心「バブルサッカー」
「あの見た目がバラエティ番組みたいで面白い」(10代女性)というように、「バブルサッカー」は新しもの好き女子にウケるようです。丸い風船を被って行うところ目新しいサッカーですが、メンバーが集まらないとプレイできないので、デートのドキドキ感は薄まってしまうかもしれません。
【4】スリルがあって楽しそう「パラセーリング」
「澄んだ空の中をふわふわ浮いてみたい」(20代女性)というように、「パラセーリング」は新しもの好き女子にウケるようです。もっとも、彼女はインストラクターと飛ぶことになるので、あなたはSNS用の写真撮影係に徹するとよいでしょう。
【5】馬と一緒に海辺を散歩「ビーチホースライディング」
「秋の海岸をお馬さんと散歩するなんて素敵」(20代女性)というように、「ビーチホースライディング」は新しもの好き女子にウケるようです。波打ち際を走るとけっこう濡れるので、着替えを持ってくるよう前もってアナウンスしておきましょう。
【6】フットサル型のテニス?「パデル」
「テレビで見たことがあります。遊んでみたい!」(10代女性)というように、「パデル」は新しもの好き女子にウケるようです。壁に囲まれたコートでプレイするスペイン生まれのテニスですが、2対2が基本なので、ダブルデートにぴったりでしょう。
【7】野山を駆け巡る「トレイルランニング」
「ただのランニングデートより面白そう」(20代女性)というように、「トレイルランニング」は新しもの好き女子にウケるようです。コースの下見はもちろんですが、彼女が途中で音をあげたときのことを考えて、プランBも用意しておきましょう。
【8】最新テクノロジーを使った「VRスポーツ」
「たぶん一番新しい遊びだと思うから」(10代女性)というように、「VRスポーツ」は新しもの好き女子にウケるようです。なお、VRゴーグルを装着して体を動かすと、人によっては激しい3D酔いを感じる場合があるため、無理は禁物でしょう。
【9】実は女子にも大人気?「サバイバルゲーム」
「なんとなく和気あいあい戦うのが楽しそう。BBQもあるし」(20代女性)というように「サバイバルゲーム」は、新しもの好き女子にウケるようです。大人数で遊ばないと意味がないので、まずはコミュニティに参加するところから始めたいところです。
いずれのスポーツもまずはあなたの適性を見極めるべきかもしれません。そうでなければ大いに恥をかいてしまうことになるでしょう。
~~
記事内の引用元(スゴレン)より
➡https://netallica.yahoo.co.jp/news/20181011-18406955-otoko
~~




男性社員が考える「仕事で婚期を逃しそうな女性」の特徴

アラサーやアラフォーになっても結婚せず、仕事ばかりしていると、「売れ残り」や「いき遅れ」などと囁かれ、世間の目がきつくなってくることもあるでしょう。では、男性から見て婚期を逃しそうな女性には、一体どんな特徴があるのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に、「男性社員が『仕事で婚期を逃しそうだな』と感じる女性の特徴」をご紹介します。
【1】深夜、土日も関係なく働き続けている
「仕事ばかりしていると、出会う時間もないだろうし、付き合ってもうまくいかなそう」(30代男性)というように、仕事を頑張りすぎてプライベートを犠牲にする女性は、結婚に縁がなさそうだと思われるようです。忙しくてもきちんと休み、いろいろな場所に行くことで、出会いのチャンスも生まれるのではないでしょうか。
【2】仕事以外にプライベートで楽しめる趣味がない
「趣味がないと話も盛り上がらないし、それじゃあ相手を見つけることも難しいでしょ」(20代男性)と、プライベートな時間が充実していない女性は男性からも魅力がないと思われてしまうようです。今は打ち込める趣味がなくても、新しいことに挑戦して、視野を広げてみてはいかがでしょうか。
【3】いつでもきっちりとスーツを着ていてスキがない
「私服でくつろいでる姿が想像できない。プライベートでもスーツを着てそう(笑)」(30代男性)など、オンタイムの服装でも、婚期が遠のく印象を与えてしまうことがあるようです。戦闘服としてスーツを着るのは良いですが、たまにはラフなスタイルで出社して、女性らしい印象づくりに努めてはいかがでしょうか。
【4】自分よりも給料が多いか少ないかで男性の善しあしを判断する
「お金でしか人を判断できない女性は絶対にイヤ。そんな人は結婚できる気がしない」(30代男性)など、男性を測る物差しに問題があると思われる女性もいるようです。経済的な面も大切ではありますが、相手のいいところを見つけるよう心がけると、素敵な人との恋のチャンスも生まれそうです。
【5】口癖のように「忙しい」と言っている
「せわしなく働く女性に魅力を感じないし、彼氏よりも仕事を優先しそう」(30代男性)など、あまりにも多忙な女性は、恋愛に興味がなさそうだと思われてしまうようです。忙しい人には、楽しいお誘いもしづらいもの。たとえ忙しくても口に出さず、余裕を見せるくらいの気持ちでいましょう。
【6】仕事で男性に負けることを何よりも嫌う
「男性をライバルとしか見ていないので、恋愛や結婚ができるのかなーと思う」(20代男性)など、男性に対する負けん気が強すぎると、敬遠されてしまうこともあるようです。仕事に一生懸命なのはいいことですが、闘争本能をむき出しにするのは控えたほうが良さそうです。
【7】職場ではいつも化粧っけがない
「すっぴんじゃ、飲みに誘う気にもなれません(苦笑)」(20代男性)など、忙しさにかまけて自分を磨く努力をしていない女性は、婚期を逃すと思われがちのようです。通勤途中や打ち合わせ先など、いつ運命の人と出会ってもいいように、メイクもファッションも手を抜かないようにしましょう。
【8】どんなときでも仕事優先で、飲み会やイベントに参加しない
「会社でもそういう態度じゃ、外で誰かと出会う機会も作れないだろうなーと思う」(20代男性)と、仕事関係の楽しげなイベントに顔を出さない女性は、プライベートでも同じ姿勢だと思われてしまうようです。たとえ仕事が忙しくても、たまに一緒に飲んで盛り上がると、職場の男性陣との距離も縮まるかもしれません。
~~
記事内の引用元(オトメスゴレン)より
➡https://netallica.yahoo.co.jp/news/20181011-49872734-otome
~~

社内恋愛で告白なしで好きな彼女と付き合える方法とは
社内恋愛で好きな女性を振り向かせる簡単な方法






付き合う前にチェック! 恋愛トラブルの特徴

もしかして恋愛トラブルメーカー!?
付き合う時にはドキドキとワクワクでポジティブな気持ちだったはずなのに、別れるときには精神的にも体力的にも疲弊してしまいがち。できれば、すぐに別れたくなるような人とは付き合いたくないものです。
恋愛でトラブルを起こしがちな人には、いくつか特徴があります。インスタント恋愛でも安定した楽しい恋愛をしたいですよね。どういった人が恋愛トラブルメーカーなのでしょうか。まとめてみました。
1:口癖が「でも」「だって」「どうせ」
何か提案した時や、話し合いをする時などに、すぐ「でも」「だって」「どうせ」など、否定的なフレーズを口にする人は、責任転嫁をしたり、すぐ拗ねてしまう人。
あまりに多いと、「イラッ」がケンカの芽に発展してしまうでしょう。わかり合うために話をしようとしても、自分が悪いということを認めなかったり、逆ギレしたりするので、恋愛が長続きしません。
2:何かと「ずるい」と言う
「ずるい」をよく口にする人は、不正を糾弾して「ずるい」と言っているわけではありません。他人の努力で得たものだろうと、「他人の利益=自分の損失」という思考回路になっているので、「ずるい」と言うのです。
このタイプの人は、他人に何かしてもらうことを正当なことだと思って、「もらって“あげる”」「ずる~い、私も~」と軽々しく図々しい要求をしがちです。しかも自分が非常識なことを言っている自覚がないため、何かをしてもらっても感謝をしないため、トラブルを招きます。
3:ケータイを手放さない
会っている時にでもケータイを手放さない人は危険です。基本的にケータイ依存の人は、誰かに構ってほしくて仕方ない極度の寂しがり屋。
好きな人との連絡ツールとして、ケータイを肌身離さず持っているタイプだと、他に本命がいる可能性がありますし、SNSに執着し過ぎる自己顕示欲が強いタイプは、ネットを介した自分のアピールに夢中でリアルを蔑ろにする傾向があります。目の前にいるのにゲームに夢中なら、お互いそのタイプでもない限り、ケンカになってしまうでしょう。
4:仲良いわけでもないのにトラウマを語る
出会って間もなかったり、そこまで仲が良いわけでもないのに、いきなり自分のトラウマを相手に背負わせるような重い話をし始める人は、べったりと依存する相手を探している可能性が高いです。
付き合うと、夜中に突然呼び出されたり、束縛がきつかったり、気持ちの浮き沈みが激しかったりと振り回されて、メンタル・体力共に削られていくことでしょう。
5:SNSやチャットアプリのアイコンがころころ変わる
いまや連絡ツールとしてFacebookなどのSNSや、LINEなどのチャットアプリは当たり前のものとなりました。そこで使われるユーザーアイコンは、個性が出やすいポイントです。
ただ、その画像そのものがどうかよりも注意したいのが、アイコンの変更頻度。傾向として、精神的に幼い人や不安定な人はころころとアイコンを変えがちです。精神的に幼い人にしても、不安定な人にしても、穏やかな恋愛には不向きなタイプ。付き合うと些細なことで落ち込んだり、猜疑心を持ったり、逆ギレしたりと、振り回されることが多いでしょう。
後戻りできなくなる前のブレーキ
気づいたら好きになっていた……、なんてことは恋愛ではよくあることです。しかし、恋愛トラブルメーカーとの恋には後悔がつきもの。「なんであの時見破れなかったんだろう……」「無駄な時間を過ごした」と恋に落ちた自分を責めても、時間は返ってきません。
どんな恋愛も、後々自分の糧となります。ただ、早々には癒えないトラウマや異性恐怖症を残すほどの恋愛ダメージは、できることなら受けたくないものですよね。後戻りができなくなるほど好きになってしまう前に、「この人ヤバいんじゃ……?」と勘付くセンサーはブレーキになってくれます。
恋愛以外で、今やらねばならないことや人生の目標があるなら、感情だけで突っ走るのは危険です。一度、第三者になったつもりで自分の恋愛を見つめ直してみましょう。
~~
記事内の引用元(All About)より
➡https://netallica.yahoo.co.jp/news/20181009-09009895-allabout
~~

~~
番外編

社内恋愛で好きな女性を振り向かせる簡単な方法




Page:
  • [1]
  • [2]

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

Designed by 0x85ab.